徳島東環状線 徳・末広2 高架橋下部工事(2)

 
 

はじめに

 この度、徳島東環状線 徳・末広2 高架橋下部(2)工事を下記内容にて行うこととなりました。 つきましては、近隣住民の方々へ大変ご迷惑をお掛けすると思いますが、安全第一、第三者優先、早期完成に努めますので、何卒ご理解ご協力の程お願い申し上げます。 ご家族の皆様にもお伝え下さいますようお願い致します。
 

工事の場所と日時について

工事場所/徳島市末広2丁目(第2分割)
工事期間/令和5年6月29日~令和6年11月9日
(土曜日、日曜日、ゴールデンウィーク、お盆期間、年末年始は除く)
作業時間/8:00~17:00
 

工事概要(1工区、2工区含む)

交差点から末広大橋へ延長234mにわたって仮囲いを設置して、長さ36.5mの杭基礎を12本、橋台を1基と長さ38mの杭基礎を20本、鋼製橋脚の土台を作ります。
※参考イメージ(完成時)
 

橋台全景

鋼製橋脚全景

鋼製橋脚全景
 

工事箇所・通行方法の案内

この度の工事期間中は、黄色線部に仮囲いパネルが施されますので、交差点内の東西への往来はできなくなり、左折のみの一方通行となります。


 
 
 

工事による影響及び工事に対する工夫・改善について

基礎工事(特定作業該当) 工事時期/令和6年1月上旬~令和6年2月下旬

 

騒音や振動について

鋼管杭を地中に貫入する際には、低騒音・低振動の機械で行います。数値の確認方法として、騒音振動大型表示器にて確認・管理を行います。

 

騒音振動大型表示器
 

その他

参考ですが、一部作業中の写真を掲載します。
地盤改良工・・セメントなどを使って地盤を強くしています。

 
既製杭工・橋脚フーチング工

既製杭を囲むように橋台の 基礎を作っています。

コンクリートポンプ車にて 生コンクリートを打設しています。